• 必ずしも良いとは言い切れない現実

    確かに自然派化粧品は、肌に良い成分が含まれていますがまれに拒絶反応のようなものを起こす場合もあります。

    もう一人の友人なのですが、自分が良いと思っていた自然派化粧品を私より前に使っていて、その時の体験なのですが、肌にアレルギーのようなものが出てしまったそうです。

    確かに自然派化粧品は完璧なものではありませんが、やはり個人個人の肌の状態は様々なものですから、友人は昔から敏感肌なので、そういった症状が出たのかもしれません。

    そうなると、極度の敏感肌の人は通常より、かなり気を使って化粧品を選ばなくてはなりませんね。

    その後、またどんな化粧品を使っているのか聞いてみたら、自然派化粧品とまでは言いきれない化粧品を使っていました。

    やはり化粧品はいろいろな肌の状態の人が多いだけに、その分種類も多いのかと自分で勝手に解釈してしまいましたが、必ずしもこれが良いなどとは言い切れませんね。

    その為に化粧品会社は日夜研究を重ねているわけですが、万人に合うといった化粧品作りは難しいのですね。

    オーガニックコスメという言葉

    たまに、オーガニックコスメという言葉が出てきたりして、果たして自然派化粧品とどう違うのかと疑問に思ったりしました。

    いろいろ見てみましたが、主張していることは素人の私にとっては自然派化粧品とほとんど変わらないような気もしましたが、多少の違いがあるみたいです。

    自然派化粧品は植物成分をふんだんに使った化粧品ということに変わりはないのですが、正直多くはありませんが科学物質も入っています。

    今の化粧品の技術でまったく化学物質を使わずに、化粧品を作ることはまだできないのです。

    ただし、植物性のものが確かに多いですから使う側にとっては少しは安全なのでよいのですが、オーガニックコスメなどはどうなのでしょうか。

    有機無農薬栽培した天然のものを多く使用しているみたいですね。

    例えば防腐剤などは、セージやローズマリー、クマザサのエキスなどです。

    こうなると、自然派化粧品となんら変わらない気がしますが皆さんはどう思うのでしょうか。

    自然派化粧品に関して

    自分なりにもっと踏み込んでどういったものか見てみたい気がしてきました。

    化粧品も奥が深いのかもしれません。